1


コイツは2本目の67cmです。

11月30日

昨日はせっかく定時で帰ったのに、結局出撃することはできず・・・
当然今日は行ってきました。
さて準備をしていると、なんとカッパズボンを車に載せてないことに気づく。
ウェーダーをはいてやるかどうか迷ったけど、結局ジーンズのままでやることに。
途中雨は降るし、散々でしたわ。
結果のほうは、開始早々に57・67cmと連続ゲットするものの、その後3バイトともフッキングできず厳しい展開。
って、まだ開始30分くらいなんだけど・・・
でも、それっきりアタることもありませんでした(><)
ソコソコの波は入ってたものの、押してくる波の勢いより流れのほうがだんだん強くなってしまい、これ以上粘っても無理と判断。
ってゆうより、あまりの寒さに我慢できんかったですわ。。。

Rod:  アルテサーノRA−92L  Reel: ステラC3000
Lure: F-VM



なんとかボウズだけは免れましたが、ヒラメを釣りたかったですm(__)m

11月27日

二日連チャンでの南西の強風の中でのジギングはかなりキツいので、今朝先週玉砕したサーフの様子を見に行きました。
波気はあまりないものの、この一週間で地形は見事に様変わり。
濁り潮もあり、ヒラメ狙いでスタート。
今月ここで良型をバラシているし昨日の屈辱もあるし、今朝こそリベンジのチャンス〜!!
と思ったものの、またまた見事にノーバイト(><)
潮の具合もほどよい加減なんですがベイトっ気もあまりなく、この状況だとサゴシくらいしか狙えんなぁ・・と、移動を決意し次のポイントへ。

ポイント到着後しばらく海を眺めていると、サゴシのジャンプを発見。
ウェーダーは履いたままだったので、すぐさまゲームスタート。
ところが全然アタムってくれん。
ジャンプもあの1回だけだったし、もう駄目かな?と車に戻ってエンジンをかけたら、またジャンプを発見(笑)
結局またロッドを振ることになったんですが、なんとか51cmを1本釣るのが限界でしたm(__)m
しかも3バイト中、ヒットにいたったのはこの1本だけ。
シーバス狙いに行ったほうがよかったかなぁ??

Rod:  アルテサーノRA−92L  Reel: ステラC3000
Lure: キールジグ



鬼神くんのこの表情・・自分が一本目を釣った喜びの表現です。。。

11月26日

先日よりはウネリは少ないものの風が強くなってる状況でしたが、今日も鬼神くんと出撃してきました。
ってゆうか先日の初ゲット以来、かなりハマっておられるようで(爆)
まずはいつものように船バスから。
いつものように1投・2投・2投と、いつもの連チャンで50〜55cmを3本ゲット!ここをやると、サーフや防波堤の回遊待ちがバカらしくなってきますわ。。。

Rod:  フェルザスFZ−76MLRF    Reel: エアリティ2500 
Lure: タイドミノースリム120



さて沖のほうに移動してジギングスタート。
早速私にヒットしたんですが、コイツは無念のバラシ。
すると今度は鬼神くんにヒット!
本人いわく、初めて私より先に釣ったのがかなりの快感だったようで、かなりの上機嫌で連続ヒット。
さすがに3本目の時にバラシた時は、思わずおもいっきり喜んでやりましたけど(爆)
やっと私に釣れた時は、なんとも言えん安堵感でいっぱいでしたm(__)m
そして私に着底直後にヒット!
すぐに底物とわかったんですが、かなりの重量感。
水面直下に姿を現したのは50cmを軽くオーバーしている良型ヒラメ。
「ヒラメや〜」と思わず叫んでしまったんですが、バレる瞬間もハッキリ見えてしまいました(悲)
その直後にも本日2度目のヒラメのバラシ。。
金ブク・エソの外道はバレないのに、なんで??・・・
今日のハマチもかなり喰いが小さく、釣った数以上のバラシの数。
ってゆうか、この風なんとかして欲しいですm(__)m・・・


Rod:  ソルティガ57S−23    Reel: ツインパワー5000HG 
Lure: ヒラジグラ
?スティンガーバタフライ



なんか昨日と今日の写りを見て、私もかなり老けたなぁ・・と実感(悲)

11月23日

今朝は鬼神くんと沖に行ってきました。
まずはいつもの船バス。
とりあえず鬼神くんに先にやってもらい「早よ〜釣ってや〜」と軽いプレッシャーを(笑)
すると予想通りに一投目からヒット!
で・・・ルアーを外したりしてる間に私がキャストすると、今度は二投でヒット。
三投で二人とも本日のボウズを解除と幸先のいいスタートだったんですが、今朝はこのポイントが爆発し、その後鬼神くんに怒涛の4連チャン。
ベタ澄み潮なのに、いつもながらにここはスゴイと思いました。
昨夜の鬱積した鬼神くんのストレスもこの時点ではかなりスッキリしたようで、50〜58cmを6本あげて沖へと船を走らせました。

Rod:  フェルザスFZ−76MLRF    Reel: エアリティ2500 
Lure: LD105



沖のほうは相変わらずの南西の強風。
うちの船ではあまり沖に出ることもできず、今日も40mまでの瀬を流していくことに。
ここではポツポツとハマチを上げていく私に対して大苦戦の鬼神くん。
どうもファーストヒットのサワラにリーダーではなくアシストを切られたことで運が逃げてしまったようで、私と同じくらいヒット回数があるのにバラシの連続。
なんとか最後に1本あげたものの、コイツも口の皮一枚とかなり危ないとこだったようでした。
途中漁師の方からも「ジグやるなら沖のほうがええでぇ〜」と声をかけてもらっても、今日の状況では仕方ないとこm(__)m
ハマチの喰いも全体的に小さく、50cm前後が7本とゆう結果も納得でした。
ってゆうか、マルゴとヒラマサはいったい何処へ?・・・


Rod:  ソルティガ57S−23    Reel: ツインパワー5000HG 
Lure: ヒラジグラ
?スティンガーバタフライ



ブツ持ちに慣れてないんで表情が怖いですが(爆)

11月22日

昨夜、鬼神くんから「明日は残業ですか?」とのメール。
マズメ後のサーフをやろうか迷ってたとこだったので「やりませんか?」のお誘いにアッサリ即答(笑)
日曜にあげた回遊モンが気になってたもんで、明日は祝日でいつもの午後だけ出勤の予定だし、仕事帰りに頑張ってきましたm(__)m

ポイントに到着すると、サーフのナイトシーバスにはほどよい波加減。
先行者が一人いるものの、気にならないところでやってらっしゃるので、とりあえず一安心。
まずはテリフで表層を探るも、相変わらずのワケのわからん激流でルアーの泳ぎがまったく把握できないため、ディアボロスにチェンジして探ってみると、アッサリと60cmをゲット!
ところが幸先はよかったんですが、その後バラシ・ショートバイトとだんだん喰いが小さくなってきたので、少しポイント移動をして探っていくと波打ち際でまたまたヒット!
小さそうだけどスッゲー元気ええわぁ・・・などと勘違いしてたんですが、コイツがなかなかランディングまでもちこめず苦労してしまいました。
それもそのはず、この潮加減と波の状況で77cmの回遊モンを弱らせもせずにアルテでズリ上げようとしてたんですからねぇm(__)m
結局6バイト中、2キャッチ2バラシ。
結果だけはまあまあだけど、全体的にかなり喰いが小さく状況は激渋。
ってゆうか、ディアボロス以外のルアーは何投げても全然アタらんかったですわ(けっして宣伝しとるワケじゃないよ(笑)岸信君)。

Rod:  アルテサーノRA−92L  Reel: ステラC3000
Lure: ディアボロス



口の中にテリフがスッポリでした。でも後か続かず(><)・・・

11月20日

昨日のリベンジで今朝も同じポイントに出撃。
いつもなら、薄っすらと明るくなり始める頃から始めるんですが、今朝はワケありで半時間ほど早い時間からスタートしました。

海は昨日の荒れすぎとは違ってほどよい波の立ち方で、シーバスを狙うにはかなりの好条件のハズ・・・
相変わらずの激流ではあるものの、時折目の前に出現する払い出しが、まだ辺りの暗い中での状況でも、ルアーを通して確実に手元に伝わってくる。
ここで喰ってくればええなぁ・・・と考えてると、ゴミともアタリともとれるような変な違和感。
とりあえずアワセを入れてみるが、なんの生命反応も伝わってこないのでやっぱりゴミだったか?・・・と落胆していると、すこし間をあけてから急にテンションのかかったラインの先から、シーバスの反応が伝わってきました。
久々の重量感とファイトを楽しみランディングしたシーバスは、サイズこそ68cmと物足りなかったもののこの秋一番のコンディションのいい回遊モンらしい個体でした。
ホントなら、この時間はまだやってない時間帯だったんだけどね(笑)
でも海の状況はかなりよかったのに、肝心のマズメ以降が結局はノーバイトで終了。
春先や秋口のあの異常なベイトの接岸ではなく、例年通りのこの時期のカタクチの姿はいったい何処へ行ったのやら??

Rod:  デスペラードDS−962ML  Reel: 04ステラ3000
Lure: DC−12



久々のナイトシーバス。回遊モンは何処にいるんかなぁ?・・・

11月19日

土曜の朝とゆうことで今朝は当然やってきたんですが、結局はボウズ(詳細はブログにて)。
午後からの休出を終えての帰宅中、海の様子を見に寄ってみたらあんまり波は落ちてない。
とりあえず家に帰って晩メシを食べ、雨もやんでるし・・・と久々のナイトシーバスに出撃してみました。

いつもの場所に立ち、いつものテリフからスタート。
って、今日は激濁りなんで、いつものDMではなくパールを選択してみましたけど。
そして、いつものようにアップクロスでカケ上がりをベイトが流されていくような感じ(あくまでもイメージです)でスローに引いてみる。。。
ありゃりゃ・・・一投目できちゃいましたわ〜。
とりあえず60cmジャストをゲット!
やっとシーズンインかな?とも思ったんですが、どうもコイツは回遊モンではなさそう。
かと言って居着きって感じでもなさそうなんだけど。
その後一時間ほどキャストを繰り返すも後が続くことはありませんでした(><)
もう11月も下旬になるんですが、シーズンインはいつになるやら??

Rod:  デスペラードDS−962ML  Reel: 04ステラ3000
Lure: DC−12



私はノーバイトでもキッチリ結果を出してくれる鬼神くんとヒラメです。




とりあえず管理人としては1枚くらいはないと寂しいですからm(__)m




せっかくのサワラですからもう1枚(笑)

11月13日

今朝もたぶん沖は無理だろうと、最初からサーフに出撃。
ところが予想以上に波が落ちていて、シーバスは駄目かな?とヒラメの狙えそうなポイントを徘徊して、三ヶ所目のポイントでなんとか朝マズメのチャンスタイムに間に合いました。
ってゆうか、回った二箇所が駄目そうで、鬼神くんに連絡もらってたとこに急遽合流しただけなんだけどm(__)m・・・

ヒラメ狙いでスタート〜!
って、波もかなり落ちてるのにめちゃくちゃ激流。。。
マズメをミノーで、明るくなってからはジグにチェンジしてアレコレやってみるものの、結果はノーバイト(悲)
それでも、鬼神くんがなんとか43cmのヒラメをゲットしてくれたんで、この画像でなんとかHPの更新が出来るわ〜と一安心(笑)
う〜ん・・いったい誰のHPじゃい!?
と思いながらも、かなり助かってます。。。
その後、出来そうなポイントがないかとしばらくウロウロしてみるものの、結局どのポイントも釣りになりそうなポイントは見つからず。
じゃあいっそのこと沖に出てみようか〜と、急遽出船することになりました。
二人ともええ年して、かなり元気やねぇ(爆)・・・

なんだかんだとやってるうちにとっくに9時を回ってしまってましたが、ジギング&ナブラ打ちなら何時でもええわぁ・・・と、気合を入れて出港。
さすがに日曜とあって、どこの瀬も混み合ってます。
まだまだ若葉マーク船長の私としては、他人様の流している瀬に入っていく勇気もなく、とりあえず空いている瀬の中でめぼしいポイントを探しながらまずはジギング開始。
まだジギングは初心者の鬼神くんにエエとこを見せんと!と、気合を入れてシャクっている私のロッドに、いきなり連チャンでヒット〜!
だったんですが、なんとエソを連発m(__)m
しばらく粘ったものの、エソ・ポイントを見切り移動した次の瀬で早々とハマチを1本ゲット。
そして、なんとか面目躍如(笑)と少し余裕の出てきた私のロッドにまたしてもヒットしてきたんですが、コイツが少し様子がオカシイ。
ランディングしてみると、80cmのサワラでした。
他所ではヤナギと呼ぶサイズらしいんですが、うちんとこはサゴシ→サワラと呼んでます。

そしてしばらくシャクリ続けていると、とうとう鬼神くんのジギングロッドが曲がってくれる日がやってきました〜!
なかば無理矢理ジギングロッドを購入させて早や3年目。
なかなか船に乗せる機会も少なく、出てもキャスティングしかできない日ばかりと私なりに責任を感じて?たんですが、やっと肩の荷が下りましたわぁ(笑)
ジギングの初物は、無事に?本命の青物をゲットしてもらいました。
この1本で鬼神くんにも余裕が出たのか、今度は74cmのサワラもゲット!!
あまりに余裕が出すぎたのか、はたまた普段の付き合いのいい性格がそのまま釣果にも影響したのか、私に付き合ってエソを2本も連続ゲットされるとゆう演出までしてくれました(爆)
一方ナブラ打ちのほうはとゆうと、いろいろ探し回っても2箇所しか発見できず、しかも1キャストのみで消えてしまうとゆうかなり寂しいものばかり。
それでも潮目付近のキャストで、鬼神くんがサスガの1ヒットで青物を1本ゲット。
ただ、ナブラの出方もかなり小規模なものばかり。
ジギングでの青物の喰いの浅さやショートバイト・バラシの数も考えると、活性はかなり低めだったように思われます。
エソだけは、かなりの高活性でしたけどねm(__)m
結局二人で、サワラ×2、ハマチ・小マサ×5・セイゴ×1・エソ×4と、急な出船のわりになんとか釣果もボチボチあがり、久しぶりのオフショアを満喫できて楽しかったです。
昨夜58cmのシーバスを釣っておきながら、今日の4目を合わせて五目達成の鬼神くん。。
大変お疲れさんでした〜(笑)

Rod:  ソルティガ57S−23    Reel: ツインパワー5000HG 
Lure: ヒラジグラ



コイツは1本目の58cm。このサイズなら、サラシの中でバンバン喰ってきてもいいんだけど・・・

11月12日

朝起きると、まだ激しい雨音。
でもやむだろうと期待して出撃しました。
ところが車を走らせていると、外は北の強風で海はけっこう荒れてます。
ポイントに到着してしばらく様子を見てたんですが、明るくなり始めた頃には期待通りに雨もやみ、ヒラメ狙いからシーバス狙いに切り替えて、ジグをチョイスしてスタートしました。

絶好のサラシや潮のたるみのあるポイントもノーバイト。
ところが、強風を正面からあびながらも覚悟を決めてLD105をキャストした一投目でいきなりヒット!
サイズ的には60くらいだったと思うんですが、コイツは2度目のエラ洗いの時に痛恨のバラシ。
やっぱりこんな日はミノーのほうが可能性は高いんですが、やっぱり風には勝てずm(__)m
その後、ジグ系をローテーションさせながら、なんとか58・62cmの2本をゲット。
やっぱり今日もサラシの流れの中では喰ってくれんかったんですが、逆にそのほうが色々と勉強になるし面白いですわ。
ってゆうか、あのジモヤジとサーファーの二人(詳細はブログにて)ええ加減にして欲しいもんです(怒)!!

Rod:  デスペラードDS−962ML  Reel: 04ステラ3000
Lure: ライブベイト・スティンガーバタフライ



自身久々のサゴシゲームでしたが、やっぱりミノーで釣りたいっすm(__)m

1月6日

今朝は沖は無理と予想していたので、最初からサーフのヒラメ狙いで今日も鬼神くんと出撃。
予報では東気の風が吹いてるはずなので、ヒラメにはいい状況かな?と期待してたんですが、予想に反して南の強風によるベタ凪ぎ&澄み潮状態。
それでもと思いスタートしてみたんですが、良型っぽい1バイトとソゲのチェイスを数回見ただけで今日も移動。
二箇所目で少しやってみるものの、ここも少々厳しい。
途中ともともさんも来られてましたけど、駄目だったみたいですね。
そして三ヶ所目のポイントで沖に時折サゴシのナブラが見られ、本命をサゴシに変えて3度目のスタートをしました。
シーバス・ヒラメ・青物とサーフでジグを使うことはあっても、なぜかサゴシだけはジグを苦手としている私なんですが、ヒットポイントがとてもミノーで届く距離じゃないようだったんで・・・
ジグをチョイスしてキャストを繰り返し、46〜54cmを4本キャッチすることができ、鬼神くんも3本ゲットとなんとか結果オーライでしたわ。

Rod:  アルテサーノRA−92L  Reel: ステラC3000
Lure: キールジグ他



まずはお決まりの船バスで1本釣ってもらいました。




気持ちよ〜くロッドが曲がってますが、ハマチの時はもっと曲がってました。




なぜ管理人の私の画像が一枚もないか?(ボ)だからですm(__)m

1月5日

やっといい天気に恵まれました〜!
昨夜の夜勤の鬼神くんとのメールのやりとり。
「明日はたぶんベタ凪ぎだぞ。出んか?」
「材料のメドがつかないとわからんです」
と言いながら、5時半にはしっかり港に集合してます(笑)
やっぱり二人とも超がつく釣り○カです(爆)

今日は絶好のジギング日和じゃ〜っと、ソッコーで準備をすませまだ暗いのに乗船して出撃〜!!・・・
エッ、エンジンがかからん。。。
バッテリーが上がってます(><)
仕方なく手動でエンジンをかけて出撃したんですが、まだこの時はこの後で発覚する事実に全く気づいてませんでしたm(__)m

まずはやっぱり船バスから。
ベタ凪ぎの日には出来ない小場所も、まだ暗いうちなら出るだろう・・・と根回りを攻めてみる。
いつもサラシの中で釣る根の内側はアタリがなかったものの、外側にルアーを通した鬼神くんのLDにヒット!
幸先よく56cmの元気のいいシーバスをゲットしてもらいました。
しかしいつも思うんですが、船バスの時のシーバスって、メチャメチャ激しくジャンプを繰り返します。
これがサーフや防波堤では味わえない船バスの魅力なんですけどね。
そしてだんだん明るくなり、いつもの本命ポイントに移動。
ここでは私がキャストを繰り返してみたんですが、何故か全然アタってくれず。一本上げて余裕の鬼神くんを尻目にアセりながらもしばらくキャストを繰り返し、やっとのことでヒット。
しかし、軽いエラ洗いをかわした直後にラインテンションがスゥ〜っと・・・(哀)

そして、ぼちぼちジギングに行こうと船を沖に向け走りだしGPSのスイッチを入れた瞬間、私の顔が一瞬のうちに青ざめてました。
当然GPSも魚探もバッテリーから電源を供給しているワケで、そのバッテリーが上がっているとゆうことは電源が入らないワケでして・・・
それでも走らせながら少しずつ自然充電をさせて、なんとか少しは使えるメドがたったんでGPSで瀬の付近まで移動してあとは魚探を使って・・・って目論んだんですが、いざ瀬周りまで来て魚探のスイッチを入れて・・・魚探の電源がどうしても入らない。
仕方なく魚探なしでのジギングを始めてみたんですが、防波堤で回遊を待っている釣りみたいなもんで、とても釣れる気はしないし普段以上に疲労が蓄積されていく状態。
二箇所ほどやったんですが、これ以上は無理とナブラ探しに変更を余儀なくされてしまいました。
いい感じの潮だったんだけどなぁ(悲)・・・

ところがナブラ探しに変更したものの、どこへ行ってもナブラがまったく見えない。
昨日はハマチ・サゴシのナブラがアチコチで発生との事前情報を入手していただけに、なんで一日でここまで状況が変わってしまうのか?と首をひねるばかり。
結局某河口沖まで来てしまい、しばらく船をとめて様子をみることに。
すると近くでやっとナブラが出てきたので、すかさず移動してキャスト〜
アタらん(><)
たぶん青物のナブラだったみたいで、鬼神くんに1バイトあっただけで終了。

その後しばらく待っても2度目のナブラは出そうもないし、午後から休出を入れてしまってたんで帰る時間も計算に入れておかないといけないし、ナブラを探しながら港を目指すことにしたんですが、結局この移動が大正解。
鬼神くんに47〜57cmのサゴシを4本と44cmのハマチのオマケつきと、結果オーライで終了することができました。。。

エッ、私?見事にバラシばかりでオマケはジグミノーのロストと、散々な結果に終わってきましたわm(__)m
このリベンジは絶対に・・・!!



毎度のことながら際どいサイズ。いつになったらデカイのが・・・

11月3日

朝起きると微妙な天候。とりあえず港に寄ってみるが、漁師も集まって雑談はしているものの、まだ出船準備に取り掛かるって雰囲気でもなさそう。
ジギングは朝イチじゃなくてもできるし、時間がもったいないので船バスはあきらめて、朝イチはサーフのヒラメ狙いに予定変更して出撃しました。

風はそんなに気にならず、ヒラメ狙いとしてはまずまずの状況。
とりあえずスリム140で一通り探ってみたけどノーバイト。
じゃあ、もう少しレンジを下げてスローな展開で・・とジグにチェンジして探ってみると、やっぱり出ました。
でも、またギリギリサイズ40cmのヒラメ。
ここんとこボウズは免れているものの、何故か39〜40cmばかり(><)
いつになったら50cmオーバーが釣れるんだろう?・・・
その後手の平サイズのソゲを追加したものの、開始から一時間ほどして沖が気になり急いで港へと戻る。

ところが出船準備中にだんだん風が・・・
ようやく港外に出てみると予想外の西風。
少し待てば風も弱まりそうだったんですが、午後からは予定を入れちゃってるし漁師の船もけっこう帰ってくるので、そのまま帰ってきちゃいました(悲)
昨日はベタ凪ぎだったのに、なんでいつも休日に限ってなぁ・・・
こんなことなら、サーフでずっとやっとけばよかったですわm(__)m

Rod:  アルテサーノRA−92L  Reel: ステラC3000
Lure: スティンガーバタフライ


inserted by FC2 system