1


今年の初青物は良型のマルゴでした。

4月29日

前夜のウップンを晴らすべく、連日のサゴシゲームに出撃。
ところが今朝は、前日以上の激シブ。
早々に1バイトを拾うものの、そのあとが全く続かない。
と・・そこへ、こんにちわぁ〜と後ろから声が。
後ろを振り返ると、GHさんと連れの方。
そのGHさん、立て続けに2本キャッチ!
ありゃりゃ・・・魚がいるのはわかってたんですが、なんともさすがでございました。
って、ジグのタックルボックスを車に忘れてくるアホな自分が悪いんですけどねm(__)m

サゴシを早々に諦めて一度は帰宅。
ところが、ストレスがたまってどうしようもなく、カミさんの行ってくれば?・・の一言でようやく決心。
ジギングへと行ってまいりました。
二箇所目の瀬で、一昨日には見られなかったような魚探の反応。
ここはイケるかも?・・・と二投目にヒット!
ところがコイツの感触は青物なんだけど、やけに軽くアッサリと水面まで浮いてきてしまい、ちっちゃいハマチかいな〜と諦めかけてたんですが、姿を見た途端にビックリ。
現れた魚体は予想の倍ほどの大きさ。
まったく疲れることなくあがってきて、ここから一気に走り始めたもんだから、なんともかなり楽しいファイトだったんだけど、無事に77cmのマルゴをキャッチ。昨晩からのフラストレーションを、やっと吐き出すことができました。

Rod:  ソルティガ57S−23    Reel: ツインパワー5000HG 
Lure: スティンガーバタフライ


4バイト中でヒットは2尾のみとかなり厳しかったですが。。。




この日の最長寸の29cmです。




最後に現れた48cmの外道?見ててもじゅうぶん面白そうでした。
4月28日

今朝も凪ぎだったんですが、昨日の状況から出船は見送り。
ヒラメ狙いかサゴシ狙いかで迷ったものの、今夜の来客のおかずを調達すべく、可能性の高いショアからのサゴシ狙いで出撃してきました。

辺りが薄っすらと明るくなり始めた頃からゲームスタート。
しばらくしてライブベイトに初ヒット!
幸先よく50cmのサゴシを抜き上げたんですが、処理をしている最中にメインラインに歯が当たったようで、これから〜って時にシステムを組み直すことに・・・普段はアッサリと組むんですが、気持ちばかりがアセるばかり。。。
まあ、他にも原因があったんですけどね。
その後1バイトを拾ったあとに51cmを追加したものの、時合はほんのわずかな時間だけ。
結局4バイト中2ヒットのみと、お粗末な結果に終わってしまいました。
今日は場所選びのミスからの不運続きばかり。
どうせ週末以降はかなり人が多くなって行く気もおこらんようになるだろうから、明日もう一回行っとくかなぁ?・・・


Rod:デスペラードDS−962ML  Reel:04ステラ3000
Lure:ライブベイト


そして夜は、山陰を代表するテスターのえ〜す殿のお誘いにのって、ボートメバルのナイトゲームに出撃。
去年一度ご一緒させてもらったんですが、当日は風雨に雷まで連れてきてもらい、やむなく途中で撤収するハメになってしまっていたために、前回のリベンジを!!・・・と気合を入れて出船してみたんですが。。。
え〜す殿の実釣リポートについては、やつにわフィッシング!にてご紹介されると思いますんで、ここでは省略させてもらいます(ってゆうか、自分でリポートできるネタがなんにもないんで)。
一言で言えば見るのも勉強ってとこです。
たしかにタックルとテクニックの違いはあれど、ここまで結果に差がでてしまうとなぁ。。。
再々リベンジを誓うのでありましたm(__)m
それでも、このポイントはやっぱりエエです!!
ツボにハマればかなりの期待が持てるであろうし、そのためにもウデを磨いておかんといけんもんですわ。


久しぶりの美味しい外道です。

4月27日

最近少しずつではあるが、青物があがりだしたとの情報が入ってたんですが・・・
やっと休日と天気のタイミングがあってくれたんで、久しぶりに沖に出てみました。

50mラインの瀬をアチコチ周ってみたんですが、魚探の反応はソコソコあるものの、どうにも青物からの反応を得られないまま。。。
どうにも渋すぎでした。
やっとヒットしたのは、39cmと少々小さい黒ソイのみ。
まあ、これはこれで美味しいんですけどね。
そろそろサゴシのナブラでも出てないかなぁ?・・・と辺りを見渡しても、それらしい状況もなさそうで、2時間ほどで帰港としました。

Rod:  ソルティガ57S−23    Reel: ツインパワー5000HG 
Lure: ヒラジグラ



サイズは小さいけど腹はボテボテのベイト膨れでした。




コイツは2本目の63cmです。




こっちは鬼神くんの3本です。
4月23日

深夜の仕事帰りの途中、鬼神くんに連絡を取ると前日のポイントでやってますよ〜!とのこと。
二日連続のプチ遠征はちょっとキツいけど、でもすでに69cmを1本上げてるとなれば、やっぱり行くしかないかな(笑)
ポイントに到着すると鬼神くんの他にはダイアナ君とそのいとこの子だけ。
週末でこれだけなんて、やっぱり人の少ないとこはエエですわぁ・・・と早速準備に取り掛かりスタート。
今日も120LDからキャストを始めたんですが、ブルーオーシャンに変えた2投目に本日の初バイト。
最初に鬼神くんに聞いてはいたものの、たしかにアタリが小さすぎです。
それじゃあ・・とMM13にルアーチェンジするとすぐにヒットしたけど、ファイト中にフックアウト。
まあ玉網入れのバラシと違って、ファイト中のバラシは仕方ないし・・と105LDにチェンジしてしばらくすると、今度はキチンとフッキング。
さっきのよりはサイズが小さいめだけど、あがってきたのは55cmのベイトで腹パンパンのシーバスでした。
その後はアタリはちょくちょくあるものの、どうしてものせきれないようなショートバイトばかり。。。
しかし、鬼神くんのヒット〜!の声に、様子を見に寄ってみるとぼちぼちいいサイズの様子。
キャッチに成功したのは、74cmながらなかなかの良型。
いつものポイントの個体と全長は同サイズとしても、ここの個体は力が全然違うし、潮の勢いも全く違うから、サーフのシーバスゲームとほとんど変わらんくらいの迫力があります。
そして鬼神くんとぼちぼち帰ろうか・・・と話しながらリトリーブしていた私のMM13にようやくヒット!
ところがランディングしようとした途端に、延々とセットが迫ってくる状態で、寄せては流され寄せてはまた流され・・・
いつまでたっても玉網入れが出来ないまま。
それでもなんとか63cmをキャッチして終了としました。
結局私が2尾、鬼神くんが74・69・55・40cmの4尾と、なかなかええ感じでした。

Rod:アルテサーノRA−92L  Reel:04ステラC3000
Lure:105LD・村越MM13


ポイント選択からランディングまでダイアナ君に感謝です。
4月21日

せっかくの休日も西の爆風で日中は釣りができず。
暗くなってからも風は収まらなかったんですが、とりあえずなんとか出来そうなポイントを求めてダイアナ君の案内でプチ遠征に行ってきました。
このポイントは、以前朝マズメに一度だけやったことがあるんですが、その時はノーバイトでアッサリ終了。
もう何年か前のことだし、当然下見もしてないのでどうやって攻めてみればいいものか?・・・
暗い中での見える範囲で状況を確認し、とりあえず120LDをチョイスして潮のたまってそうな辺りからスタート。
すると早速2投目にヒット!
足元まで寄せてみると、サイズは60cmほどの元気のいいシーバス。
ところが、いざ玉網入れをしようとすると、かなりの勢いの波のセットが三つ向かってきている。
一つ二つと無事にやり過ごし、あと一つクリアすればランディングってところで、またまたやってしまったバラシ。
それでも気を取り直してキャスト再開。
水深のあるほうは状況的に今ひとつと判断してシャローエリアに戻ってMM13で足元まできっちり流していると、ようやく二度目のヒット!
しかし、ランディングの時に限っていつもけっこうな波のセットがくるもんで、今回はダイアナ君に手伝ってもらって無事に64cmのシーバスをキャッチできました。
ダイアナ君ありがとう!!
その後はダイアナ君に1ヒットあったものの、ファイト中にバレてしまったらしく、このポイントは終了して移動することに。
どうせ翌日は午後からの出勤だしと、風も弱まったことだしもう二箇所ポイントのハシゴをしたんですが、状況もあまりよくなく結局一尾のみで終了しました。
最後にアレさえなければよかったんですけどね・・・

Rod:デスペラードDS−962ML  Reel:04ステラ3000
Lure:村越MM13


サイズはともかく、自分的には会心の一尾でした。
4月17日

先日のバラシ以来、どうにもストレスがたまりっぱなしだったので、状況的には厳しいものの地元のポイントへと出撃してきました。
駐車場に到着すると、相変わらずの車の多さ。
まあ、こんな日に来ている自分も他人のことは言えないんですけどね。。。
早速準備にとりかかったんですが、なんと前回使用したルアーを干したまま家に忘れてきていることに・・・
家にとりに帰るのも面倒なんで、仕方なく他のルアーで始めることに。

状況は、ボラが少ないのはいいんですが、波はベタに近い状態でまったく釣れそうな雰囲気はなし。
まあ、あのボラの跳ね方じぁ仕方ないかな〜
明日も仕事なんで、あまり粘る気にもなれず早々と撤収。
でも、とりあえずF−VMだけは残ってたんで、このまま帰るのもなんだしと最近ずっと気になっていたポイントに立ち寄ったんですが、結果的にはこれが大正解。
狙い所のカケ上がりへのアプローチを潮上から少しずつ下げていった三投目に予想通りのヒット!
サイズこそ56cmと小さかったんですが、狙い通りの結果に気分的には大満足で、その後は粘ることなくアッサリと終了。
こうゆう一尾も、ランカーとは一味違った満足感があるもんです。

Rod:アルテサーノRA−92L  Reel:04ステラC3000
Lure:F−VM


いつもならボウズの時はブログのほうなんですが、今回はあまりの悔しさと情けなさのために、こっちにアップですm(__)m
4月14日

最近、ホームグランドのアングラーの数がかなり増えてきてます。
噂によると、どうも東のほうからワザワザ来ているグループもあるとか!?・・・
その理由が、地元では50〜60cm位のサイズしか釣れないんで、遠征しているとのこと。
それを聞いて、ナニをバカなこと言ってんだろう??・・・と思っちゃいました。
中部と東部とでは、個体のサイズも数もかなりの差があるはず。
自分的には東に行きたくても遠いから行けないのに、全く逆のことをやってるらしい。
何時どこで誰が釣りをしようと個人の自由(立ち入り禁止区域は別だけど)だけど、そんな考えの人達にただでさえ狭いポイントを一晩中占領されちゃうとたまったもんじゃないですわ。
ってわけで、休日だった昨夜は今年初の東へのプチ遠征に行ってまいりました。

で・・やっぱりおりましたわぁ。。。
ヒットした瞬間からドラグ出しまくりの強烈なファイト。
途中までひょっとしてスレ?って思わせるくらいのシーバスの引き。
エラ洗いすることなく、ただひたすら潜ろうとするシーバスを丁寧なやりとりで足元まで寄せたんだけど、そこからまた強烈なツッコミ。
とにかく浮かせるまではライトをつけたくなかったんだけど、コイツが全然浮いてこないんだもんね。
ファイトが始まって数分たった頃かな?自分的には、けっこう時間かかってたと思われますが、ようやく浮いてきたシーバスを見てビックリ。
パッと見てすぐにデカイと思わせてくれるサイズってなかなかないもんです。
でも、いや〜なとこにルアーがかかってる。
玉網入れの下手な自分としては、一番緊張する時なんですが・・・
やっぱりやっちゃいました。
一度は網におさまったんだけど、直後のウネリで玉網がクルっと半周。
気づくと、ルアーが網にかかった状態でシーバスはその横でグッタリ。
結局そのまま逃げられてしまいました。
しばし呆然・・・
情けないけど、これも実力のうちです。
サーフのビックワンならともかく、河川でこれだけのファイトを楽しませてくれる個体がいるなんて・・・
やっぱり、おるとこにはおるもんです。
どうせ地元はマトモな釣りが出来る状態じゃないし、しばらく東のほうに足を延ばしてみるかも?でもガソリン代が(悲)・・・


口元にはデカヒルがくっついてましたが・・・
4月8日

前日とうってかわって、今日は黄砂混じりの強風と大シケ。
でも夕方から風も弱まりシケも少し落ち着いたようだったので、満潮からの下げ狙いで出撃してきました。

ポイントに到着すると、さすがに土曜の夜とあってかなりの人の数。
とりあえずなんとか始めてみたんですが、ちょっと厳しい状況。
ところが気になっていた場所のアングラーがお帰りになられたんで、早速場所移動。
ルアーを通してみると、流れと押し波のぶつかる辺りの雰囲気が期待できそうな感じだったんで、潮の強弱をロッドでしっかり感じながらローリングベイトを通していくと、明らかにボラではなくシーバスっぽいアタリが1つ。
やっぱりここかぁ・・・
と次のキャストでもう少しゆっくりと通すと、予想通りのヒット!
口元にデカヒルをくっつけた70cmジャストのシーバスをゲットしました。
その後も1バイトを拾ったんですが、うまくのせることができず。。。
状況的に粘ればもう少し結果は出せそうだったんですが、とりあえず1本上がったことで終了としました。

Rod:アルテサーノRA−92L  Reel:04ステラC3000
Lure:ローリングベイト


激ヤセでも、とりあえずサーフでの1本です。
4月7日

ポカポカ陽気で海は凪ぎ。
今日あたり夕マズメのサーフでもやってみようと、鬼神くんを誘って行ってみました。
潮下の深場から潮上のよさそうなポイントまでラン&ガンしながら、まずはディアボロスでスタート。
雰囲気的にはじゅうぶんイケそうなんですが、シーバスからの反応はまったくナシ。
やっぱり今年は厳しいのかなぁ・・・と思いながらも、一番よさそうなカケ上がり付近まで移動してきたので、テリフにルアーチェンジしてアップからカケ上がり付近を流れるようにキャストした数投後に、ようやくヒット!
けっこう元気なエラ洗いを見せてくれるんですが、期待に反してサイズはかなり小さい様子。
ズリ上げた直後に50cmちょいかと一瞬思ったくらいなんですが、鬼神くんは60cmはあるでしょ〜とのこと。
とりあえずは63cmとソコソコの長さはあったんですが、とてもサーフとは思えないほどの激ヤセの1本でした。
その後はバイトすら拾えずに終了。
こんな個体が釣れるようでは、今年のサーフはまだまだ厳しそうです。

Rod:アルテサーノRA−92L  Reel:04ステラC3000
Lure:テリフ


とりあえず話しかけてくれたアングラーさんにお願いして1枚です。

4月6日

遅番の今週、一昨日の絶好のシーバス日和?の日に限って深夜の3時間残業(><)
勘弁して欲しいわぁ・・・と思いながら、今夜こそはと残業拒否で仕事帰りに寄ってみました。

先客は1人だけ。
さすがに平日の深夜だと、人が少なくてのんびりできます。
準備を済ませて早速ゲームを始めてみると、いつものボラの活性が今夜はイマイチ。ってことは、、けっこうチャンスかな?と期待しながらキャストを繰り返すと、たしかにシーバスっぽいアタリが二つ三つと。。。
でも、全然乗ってくれん(悲)・・・
この時期特有のゴミがかりのようなモゾ〜っとしたアタリにええ加減キレながらも、ローリングベイトとSO−Vでなんとか探っていたら、やっとローリングベイトに待望のヒット!
いきなりドラグをジィ〜っともっていったんで、内心かなり期待したんですが、いざファイトを始めるとコイツがまったく引かずしかもメチャメチャ軽い。
まさかボラスレ?と半分諦めながらも足元まで寄せてシーバスの魚体を確認した途端に、やっと暴れてくれたんですけどね。
痩せてはいるものの、82cmとなんとか今年初のランカーサイズをゲットでした。

Rod:アルテサーノRA−92L  Reel:04ステラC3000
Lure:ローリングベイト



ボラ膨れのこの腹、ボラがなければゲッソリですm(__)m




こっちは鬼神くんの70cmです。

4月1日

前日は早番の最終日であったこともあり、早い時間は人も多いだろう(実際かなりの人だったようですけど)と深夜に出撃。
さすがに今日の状況でこの時間なら誰もおらんわい!
と駐車場で準備を済ませ、車のカギをかけようとした時に、2台の車が駐車場へ・・・
ありゃ〜、人が増えちゃうわぁ・・・と思っていたら、1台は見覚えのある車(笑)
え〜す殿が県外の友人のGHさんと一緒に入ってこられました。
GHさんとは初対面なんで、軽くご挨拶を交わさせていただいたんですが、ワザワザ倉吉までご苦労さんなことでした。
ちょっと日が悪かったですね。。。
結局ブルースコードとF−VMのみの超お気軽タックルでアッサリと終了しちゃいましたけどm(__)m
大シケのためにやりたいポイントですることができず、結局ブルースコードとF−VMのみの超お気軽タックルでアッサリと終了しちゃいましたけどm(__)m
去年からの潮の影響なのか、今年に入ってどうしようもない地形に変わってしまっているため、どう考えてもシーバスが周ってくるように思えなくなっちゃったんですけどね。

そんなこともあって、今夜はなんとか波も落ち前日に出来なかったボラゲーに行ってきました。
先にスタートしていた鬼神くんと合流して早速スタート。
相変わらずのボラの猛襲で散々苦しんだんですが、とりあえず鬼神くんがさすがの70cmをゲット。
ところが、その後で私にヒットしたシーバスは、痛恨のバラシ。
どうもかかりが浅かったようで、なんとも上手くいかんもんです。。。

その後は、南の強風、
そして向かい風に雨と戦意喪失気味にもなったんですが、少しポイントをズラしてキャストしたローリングベイトにようやくヒット!
今度はフッキングもバッチリ決まり、超苦手な玉網入れもなんとかクリアして、72cmのボラ太りのシーバスをキャッチして終了としました。
今夜の感じだと、例年ならけっこう期待できそうな状況だったんですが、現実はかなり渋い状況。やっぱり今年はかなり厳しいです。。。

Rod:アルテサーノRA−92L  Reel:04ステラC3000
Lure:ローリングベイト


inserted by FC2 system